他のeラーニングとの違い


大変多くの学校法人や学習塾、個人のお客様にご利用いただき、評価もいただいているすららですが、それは従来のeラーニングとは大きく違うからです。

従来のeラーニング

従来のeラーニングは、以下の3つのタイプがほとんどです。
しかし実は、それぞれに不十分な点が出てきてしまいます。

  • 動画配信型

    ビデオを視聴するタイプです。「理解」にはすぐれていまずが「反復」の部分がないため、実力が身につかない傾向があります。一方的な説明となるため、集中力が続きにくいです。

  • 問題集型

    パソコンなどの画面上で、問題集を解いていくタイプです。「定着」にすぐれていますが「理解」の部分がないため、学力の高い生徒でないと一人で学習を進めることが困難です。

  • ゲーム型

    携帯用ゲーム機などを使って学習するタイプです。非常に楽しく学習できますが、単語など反復による暗記系が中心で、体系的に学習することはできません。


生徒の成績を上げるために重要なことは、「わかった!」という理解と、「できた!」という定着、そして「使える!」という活用です。
ところが、上記のようなタイプのeラーニング教材は、いずれも3つの要素のうちどこかが欠けてしまっているため、eラーニング教材の他に紙教材を用いなければならなかったり、生徒の成績が向上しなかったりなどの問題を抱えてしまっておりました。
1つの教材で、理解・定着・活用のサイクルを図れる教材は存在していなかったのです。

eラーニングの比較図

そこですららは、こうしたそれぞれの短所を補い、長所を相乗効果的に組合せ、理解・定着・活用のサイクルを一体化させた理想の“次世代型教育システム”を開発したのです。

理解・定着・活用