管理機能


成績を上げるためには、目標をしっかり立て、生徒がそれにそって着実に学習を進めていくことが重要です。
また、先生ががんばっている生徒を励ましたり、褒めたりすることで、生徒のモチベーションが持続します。

すららには、生徒自身や先生が目標を立てたり、先生や保護者様が生徒の進捗状況を管理していくための充実した機能があります。

管理機能の特徴

point1ラーニングデザイナー:目標設定と学習計画を立てられます

目標設定

成績を上げるためには、漠然と勉強をするのではなく、しっかりと目標を立てることが大事です。

すららの「ラーニングデザイナー」という機能を使えば、「何を学習するのか」「どこまでやるのか」といった目標設定を、 生徒の学習画面からも、先生の学習管理画面からも、簡単に立てることができます。

point2学習管理:学習の進み具合が確認できます

学習管理画面

すららの管理機能では、生徒の目標の達成状況やその他の学習状況を、先生用の学習管理画面で詳細に把握することができます。現在目標に対して何%の進捗率か、レクチャーをどのくらいの時間学習したか、ドリルの正答率は何%で解いたスピードは全国平均と比較してどの程度か、つまづき診断は出ていないかなど、すららが集計したデータを一目で把握することが出来ます。

point3アナウンス機能:生徒にメッセージを送信できます

アナウンス機能

リアルタイムで声をかけることで、生徒は見守られている感を感じますし、緊張感を持つこともできます。
もちろん、すぐ横で直接「がんばってるね!」「よくできるようになったね」先生が直接と声をかけてあげるのが一番良いのですが、家庭学習で使用するときなど、そうはいかないケースもあるかと思います。

そんな時は、すららのアナウンス機能を使って、リアルタイムにメッセージを送ることができます。
例えば、塾から宿題を出した場合、生徒がすららにログインしたことを先生用の学習管理画面でリアルタイムに確認して、「今から勉強?がんばってね」とアナウンスを送ることができるのです。

point4保護者メール:ボタンひとつで簡単に、保護者とコミュニケーションがとれます

保護者メール

生徒が塾での学習を継続するには、つまり「退塾」を防止して生徒に長く通塾してもらうためには、当然ですが保護者が塾での学習に満足していることが必要です。
では、保護者はどういった点に信頼と満足を感じるのでしょうか。

ひとつは、確実な成果の実感です。
やはり成績を上げるために塾に通っているわけですから、成績向上という目に見える成果が重要になります。
しかし、結果はすぐに出るとは限りませんし、結果が出たとしても「この塾に通ったからこその成果だ」と実感してもらわなければなりません。
つまり、結果が出る過程を知っていただくことも非常に重要なのです。

すららには、生徒が学習した範囲や時間、正答率やつまずき診断を受けた個所などを、ボタンひとつで保護者にメール送信できる機能があります。
送信前に先生から一言書き添えたりすることもできます。
こうした機能を活用することにより、手間をかけずに生徒の学習状況や成長の記録を保護者に多頻度で伝えることができますので、保護者の信頼と満足を獲得しやすいのです。