加盟金0、ロイヤリティ0、人件費0で塾開校!
次世代型塾経営セミナー


FC加盟せず塾を独立開業する方法

学習塾業界を取り巻く環境は?

学習塾の市場規模は約9360億円です。少子化とともに学習塾業界の市場規模は年々減少していますが、進学率の上昇を背景に、子ども1人あたりの教育費は増加傾向にあります。この学習塾業界において、2000年以降、急速に拡大してきたのが、「個別指導塾」です。「うちの子を個別に見てほしい」という保護者のニーズと「個別指導塾」という秀逸なネーミングがマッチして、一気に生徒数や校舎数を増やしてきました。

個別指導塾の問題点とは?

しかし、ここにきて「個別指導塾」の成長にブレーキがかかってきたということを業界内ではよく聞きます。それは「個別指導塾」が下記のような多くの問題点を抱えているからです。

このような「個別指導塾」の問題点は、従来型のアルバイト講師が指導する「個別指導塾」では解決することが出来ません。また、個別指導塾が増えすぎてしまったこともあり、日用品のごとく認識されてしまっていて、「個別指導」というだけでは、違いがわからなくなってきています。
個別指導塾がコモディティ(日用品)化されてしまった状況の中、勝ち残る学習塾を開校・経営するには何が必要でしょうか?

学習塾業界で勝ち残る学習塾を経営するには?

それは、塾の業態を根本的に見直し、競合他塾に真似の出来ない『差別化』された学習塾を開校・経営することです。また、競争激化している塾業界で勝ち残るためには、『差別化』に加えて、アルバイト講師に依存せずに塾が運営できる体質にし、さらに少ない生徒数でもしっかりと利益を確保できる低損益分岐経営を行う必要があります。

このたび、『差別化』+『高収益』を実現するためのノウハウを惜しみなくご紹介する無料セミナーを開催します。本セミナーでは、フランチャイズ本部が加盟後にしか教えないノウハウもぶっちゃけます!

セミナーの内容を、少しだけご紹介!

実施するだけで個人塾の経営が劇的に変化!成功している塾の法則・ノウハウを、セミナーでは多数紹介しています。

セミナーにお越しいただいた方への特典

すららで独立開業される方のステップ

セミナーに参加されたお客様の声

現在の開校・経営状況