塾経営者向けセミナー
集団塾での「反転活用」から生まれた「新個別業態:kulumo」の新規出店までの軌跡を公開!

開催スケジュールを見る

集団塾での「反転活用」から生まれた「新個別業態:kulumo」の新規出店までの軌跡を公開!

「2020年教育改革」がスタートし、学習塾を取り巻く環境の変化に対応を急がれている塾経営者様も多いことと存じます。
令和6年には小学校5年生から中学3年生までの英語におけるデジタル教科書の採用が決定しコロナ化でのオンライン授業の実施等もあり、保護者のICT教材、AI教材に対する理解度も飛躍的にあがりもはやICT教材は指導に欠かせないツールになってまいりました。

既に、なんらかのICT教材を導入し、思考錯誤しながら[従来の授業にどうマージしていくのが効果的か?」を検証されている学習塾が全国でも多く見られますが、効果については「まだ不明」と回答される学習塾が多く、また、指導者、校舎数が多くなればなるほど、使う側のリテラシーの問題、オリジナル教材との整合性、異なる学力層に対する最適な活用法など課題が多く、その効果や成果まで辿り着かない、というお声を多くお聞きします。

そこでこの度、関東・関西・中四国・九州に約90校を展開するヒューマン・ブレーンの岡山・米子ブランドとして岡山市、倉敷市を中心に8校舎を展開するKLCセミナーが、集団授業での手ごたえと個別ニーズへの対応として、2021年度には「すらら」を活用した次世代型個別指導塾「kulumo」(クルモ 「来る、もっと」という意味)ブランドを立ち上げられていますので、集団、個別それぞれの活用法、少子化の中でのより一層の個別ニーズへの対応など、複数校舎で推進するためのポイントをお伝え頂きます。

貴塾のDX化推進のご参考にしていただければと思いますので、是非ご参加ください。

中川 美知雄(KLCセミナー岡山本部 本部長)

2007年入社。KLCセミナー岡山校に配属。初年度から高校部担当として主に数学を担当。2011年から2019年までKLCセミナー岡山校の責任者を務め、9年連続売上、利益No.1を達成。2013年~2017年まで複数の校舎の統括責任者、2018年からKLCセミナー岡山本部本部長、2020年からヒューマンブレーン新規事業本部本部長を歴任。2019年の反転授業を目的としてすららを導入。2021年のすららを使った個別指導塾「kulumo」の立ち上げに尽力。

井上 典総(KLCセミナー岡山本部 業務部部長)

2001年ヒューマン・ブレーン入社。KLCセミナー倉敷校にて、主に中高生の文系教科を担当。2008~2016年倉敷校校長、2017~2019年倉敷エリア長を歴任。2019年より、ICT教材などの導入を管轄する業務部部長。「すらら」を活用した「反転授業」の推進や、次世代型個別塾「kulumo」の立ち上げに尽力。

KLCセミナー 会社概要

KLCセミナー 会社概要

関東・関西・中四国・九州に約90校を展開するヒューマン・ブレーンの岡山・米子ブランドとして岡山市、倉敷市を中心に8校舎を展開。地域密着型の受験進学塾として、大学受験・高校受験・中学受験指導を提供。集団授業での指導力を軸に、呼び出し補習などを組み合せ、徹底的に指導するスタイルにこだわる。2019年度よりICT教材と従来型指導の融合に着手し、中学生を対象に「すらら」を活用した反転授業を開始。2021年度には、「すらら」を活用した次世代型個別指導塾「kulumo」ブランドを立ち上げ、現在に至る。

<セミナー内容>

  • 「反転授業」で実現した集合授業の品質向上
  • 現場で起きた「講師の思考の変化」とは?
  • 学習データを用いた「管理」のレベルアップで何が変わったのか?
  • 新個別業態「kulumo」の新規開校までの軌跡
  • 「集団授業」+「個別指導」の連携で実現する、地域で選ばれる学習塾の姿

スケジュール