デフォルト画像
新規開校者向け

新型個別指導塾のデザインが100分でまるっとわかる!新規塾開業セミナー

理想の塾開校を実現!新型個別指導塾のつくり方とは?

学習塾業界を取り巻く環境は?

学習塾の市場規模は約1兆円です。少子化が進んでいる中ではありますが、子ども1人あたりの教育費は増加傾向にあり、学習塾の売上高も増加している状況です。
この学習塾業界において、2000年以降急速に拡大してきたのが「個別指導塾」です。「うちの子を個別に見てほしい」という保護者のニーズと「個別指導塾」という秀逸なネーミングがマッチして、一気に生徒数や校舎数を増やしてきました。

個別指導塾の問題点とは?

しかし、ここにきて「個別指導塾」の成長にブレーキがかかってきたということを業界内ではよく聞きます。それは「個別指導塾」が下記のような多くの問題点を抱えているからです。
このような「個別指導塾」の問題点は、従来型のアルバイト講師が指導する「個別指導塾」では解決することが出来ません。
また、個別指導塾が増えすぎてしまったこともあり、日用品のごとく認識されてしまっていて、「個別指導」というだけでは、違いがわからなくなってきています。
個別指導塾がコモディティ(日用品)化されてしまった状況の中、これからも選ばれ続ける学習塾を開校・経営するには何が必要でしょうか?

非フランチャイズだからこそ実現できる新型個別指導塾のつくり方とは?

選ばれ続ける学習塾を運営するためには、塾の業態を根本的に見直し、競合他塾が真似できない『差別化』された学習塾を開校・経営する必要があります。
例えば、開校エリア内のターゲット層が通いやすい授業料を設定したり、
学習塾だけではなく不登校生をサポートするためにフリースクールも併設したりと、ターゲット層のニーズに合わせて柔軟に対応できるような体制を整えておくことは、塾経営において大事な要素となってきております。
また、競争激化している塾業界で選ばれ続けるには、『差別化』に加えて、
アルバイト講師に依存せず、先生1人でも塾が運営できる体質にし、さらに、少ない生徒数でもしっかりと利益を確保できる低損益分岐経営を実現できると安定した経営を実現できます。
このように差別化を図り、低損益分岐点経営が実現できるのは、自由度の高い非フランチャイズの「すらら」だからこそ実現できることです。

また、学習塾はやりがいあふれる現場です。子どもの学習に取り組み姿勢が変わっていく様子を間近で見られたり、「先生の励ましや声掛けがあったからこそ頑張れた!」という生徒の声を聞けたりと、子どもと一緒に学び、成長し続ける喜びは学習塾の先生ならではのやりがいです。
本セミナーでは、AI教材「すらら」を活用した新型個別指導塾の作り方や、「すらら」で開校するとなぜ低損益分岐点経営を実現できるのか?、すららで塾開校された方の事例をつまびらかにお伝えいたします!

<セミナー内容>

  • 教育業界、学習塾市場の現況
  • 弊社教材コンテンツ「すらら」を使用した教務方法
  • 押さえるべき塾開校のポイント
  • 塾開校までの手順と方法
  • すらら導入塾の開校事例
  • すららネットのサポート体制 など

セミナー参加特典 塾開業に必須の特典です

  • 特典1

    AI教材で運営する弊社直営校の教室見学
  • 特典2

    ご希望者へ
    「すらら」2週間
    無料体験ID
  • 特典3

    ご希望者へ
    塾事業
    シミュレーション
    サンプル

スケジュール

開催日
2024年3月9日(土)
10:00 〜 12:40
エリア
オンライン
会場
Zoom

★【すらら導入塾との座談会有り】★

お申し込みは
こちら
開催日
2024年4月20日(土)
10:00 〜 12:40
エリア
オンライン
会場
Zoom

★【すらら導入塾との座談会有り】★

お申し込みは
こちら